スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぐるぐるじーあ!


グルジアのイメージは?

DSCF2082.jpg

グルジア人はなんだか日本人にちょっと似てる。
街もなんだか東京とちょっと似てる気がした。

特に話しかけてこないし、見た目や雰囲気はちょっと冷たそうででも話してみたらいい人が多い。
そんな印象でした

DSCF1991.jpg

多分夏はもっといい景色がみれるんだろうな。
短い旅。今回はグルジアの「グ」の字もわからなかったなー

IMG_4004.jpg

首都トビリシでは英語で話しかけてくる英語教師ばかり。
需要があるのかたまたまなのかw

IMG_4042.jpg

ショートトリップでその国を知るのはなかなか難しいね
まあ、観光してないからなのですが・・・笑


夜行列車に乗り急ぎ足ですぐ次の国アルメニアへ。
シーツ、掛布団、枕付きの安い寝台列車。なかなかの乗り心地でした。
同じ列車の人は言葉は通じなくても親切な人ばかり

IMG_4075.jpg

首都エレバン
あいにくの天気だけど街並みヨーロッパっぽくてすごく綺麗

IMG_4092.jpg

自炊にハマった思い出深いアルメニア
普通に食べても安いんだけどねwキッチンが使えるってなるとわくわくしますね
ヨーロッパに向けて自炊の練習です。米炊けるようになったぜ

IMG_4097.jpg

アルメニア、素敵な国そうです
スポンサーサイト
  1. 2013/02/15(金) 20:55:49|
  2. グルジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思いもよらない場所へ ~グルジア~



トルコだけ見てヨーロッパへ飛ぶつもりが。イランの誘惑に負けルートはトルコから東へ。

トルコ → グルジア → アルメニア → イラン

そして最後にまたトルコへ戻ってくる。
思いもよらないルートへ。グルジアもアルメニアもイランも何があるの?


「そもそもどこにあるのかしら?」

IMG_4032.jpg


そんなレベルからスタートした旅。
あまりにも時間が経ってしまったのでどこから書いていいやら。。
トルコの事は後々まとめて書きます。

まずはトルコのトラブゾンから国際バスで11か国目「グルジア」へ!

IMG_3993.jpg

まず驚いたのがまったく英語が通じない!How muchも通じない
タクシーに乗るのも一苦労。
「おじちゃんあっちあっち」もはや日本語使います

お目当ての宿「スリコの家」
年をとってもラブラブなスリコとメディコ夫妻が営む民宿であるなんでも自家製ワインとお酒が飲み放題とか。
本当に普通の家みたい

IMG_4022.jpg

メディコ特製の朝夕食。おいしいw

IMG_4017.jpg

朝6時半頃到着。出迎えてくれたおじいさんスリコは着いていきなり
「welcome!」といいコップにワインをつぐ。

つづいてチャチャというきついお酒も。いやいや、朝ですよスリコ・・・笑

IMG_4031.jpg

お酒大好きなおじいちゃんスリコはどうやら最近病気になってしまい
お酒をあまり飲めなくなってしまったらしい。
それでもメディコに内緒で陽気に飲むスリコ、心配;;笑

おばあちゃんメディコは飲みすぎちゃダメと言いながら私たちに実は結構飲ませてくるなかなかのやり手。笑

IMG_4015.jpg

メディコ、スリコの温かいやさしさに包まれ、おいしい家庭料理をいただき
寝起きでチャチャ(酒)、朝昼夕チャチャ。お水代わりのチャチャ。
トルコでは高くてなかなか飲めなかったお酒も、ここグルジアで嫌というほど飲まされました。。
幸せ・・・う、嬉しい・・・

そんなグルジア、クタイシの旅でした
(※観光してない笑)

  1. 2013/02/07(木) 21:29:48|
  2. グルジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。