スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11月28日

干からびた川の先にある今はもう廃墟になってしまったアシュラム。
草が伸び放題の鬱蒼とした茂みの中。
DSC01434.jpg

なぜこんなとこに来たのかというと
そう、ここはあのビートルズが修業したという伝説アシュラムなのである。

じゃーーん
DSC01450.jpg


廃墟のくせに入場料を取るという・・・インド人め
廃墟だから正直何もないだろうと期待しないで来たら、素敵でした

窓ガラスが割れたいかにも廃墟という建物の中には
アーティスティックなペイントがいくつも。いつ誰が描いたのだろう
DSC01443.jpg

DSC01463.jpg

生きた時代が違うから
世界でヒッピーブームが巻き起こった当時の事はわからないけど
この静かな廃墟からはどこかスピリチュアルな熱のようなものを感じてしまう。
DSC01461.jpg

DSC01453.jpg

今は物が溢れ満たされ、熱が冷めてしまったような時代に感じてしまうけど
マヤ文明の暦が終わる今年の年末からまた新しい暦、新しい時代に、
もっと内面的な何か新しい価値観が生まれる時代に入っていくんじゃないか
なんて思ってみたり

色々考えてしまいますなーーー。。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 14:28:36|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生活模様



空が暗いまだ星が見える頃、鐘がなり一日の始まりが来る。
5時半と6時45分の瞑想とヨガが終わるころになると日が出て明るくなる
DSC01397.jpg

今日もさわやかな朝です。
さてさて、そろそろネタが尽きてきましたねw
毎日規則正しく生活してるものでして。

ご飯は毎回三食バケツで運ばれ、それぞれお皿に盛りつけてもらいます。
DSC01369.jpg

食器は自分の分は自分で洗います。
朝ごはんはいつも質素な感じ。当たり外れが多いです
DSC01370.jpg


お昼、夕食はおいしくてついついおかわりしちゃうんですね。
痩せる気配なし。野菜・豆ばっかなのになあ・・・
DSC01405.jpg


最近は瞑想がすごいです
まさに無心。4回連続で無心で寝てしまった・・・あかん。
座って3分もしないうちに寝てしまう笑
修業が足りんのです。。

ヨガは毎日全身筋肉痛。泣きそうですwでもものすごく楽しい♪

青きガンガーを背に心穏やかにヨガポーズ
DSC01424.jpg


が実は・・・めっちゃ見られてます笑
DSC01423.jpg

こんな毎日です。

  1. 2012/11/30(金) 14:15:12|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢の沐浴


11月26日

温かい日差し。今日なら行けそう!気合を入れいざガンジスへ。
DSC01372.jpg


インドと言えば聖なるガンジス川。
生活排水を流す場所であり、お風呂であり、沐浴をする場所であり。
火葬場からは死体が流れ、ゴミが流れ、とにかく世の中にあるもの全部が流れてるんじゃないかというほど大きく寛大(?)

バラナシではあまりの汚さに沐浴した何人もの日本人が病院送りになった
という話を聞きいて触ることすら嫌だったけど。

いつか沐浴するのが夢でした。
ここリシュケシュ、ガンジス川の上流「美しき青きガンガー」でついに沐浴です!


これがまた、めちゃくちゃ冷たい・・・
刺すような痛さの中、気合で入る。入ってしまえばどうってことなくて気持ちいい
うん。体に聖なるパワーが漲ってくる感じ。
DSC01384.jpg


は特にしないけど。沐浴後はものすごいさわやか!
はしゃぎましたw
滞在中あと3回ぐらいは入るだろうなー
DSC01389.jpg

アシュラムに戻り午後のイブニングティーのチャイで体もほっこりです。
いやー本当、天国ですなあリシュケシュ。
DSC01399.jpg

これでアシュラムにwifiがついてたら文句なしなんだけどなあ・・・笑

  1. 2012/11/28(水) 13:40:50|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食いしん坊万歳☆インドの結婚式


夕方のヨガのレッスンの後、なんとインドの結婚式に行くことに!!
ヨガの先生の友達の結婚式らしく、アシュラムの生徒、スタッフさん、先生たちみんなで
バスをチャーターし隣町ハルドワールへ!

よく旅本とかに「パーティーに呼ばれてもよいように綺麗めのワンピースがひとつあると便利」
って書いてあったけど、まさか自分も本当にパーティーに行くことになるとはww

といっても持ってませんがね。笑
先生だけがっちりスーツを着込んで張り切っておりました
DSC01347.jpg


インドの結婚式は知らない人も来てご飯を食べてっていいという寛大なもの。
取り放題のバイキング形式!そりゃあテンション上がりますでしょう!!!!!www
同窓会の立食パーティーみたい
DSC01350.jpg


旅人にとってこんな贅沢めったにできませんもの♪
カレーや麺、ご飯にチャパティにアイスやフルーツ!めっちゃおいしい♪
さすがに聖地なのでお酒はでませんでしたが。悔しいww
DSC01352.jpg

DSC01353.jpg
おかわりおかわりでお腹の限界の限界まで食べまくった笑


肝心の新郎新婦さんが登場する前になんと帰宅点呼ww
そこはアシュラム、時間には厳しいのですね。久々に生徒気分で楽しいな笑
バスに乗るため会場の外に出るとグッドタイミングで馬に乗った新郎の登場!
IMG_2421.jpg


トラックや車が行き来するこんな野ざらしの道路から入場なのね。笑
大きなスピーカーからガンガンに流れる音楽、トランス状態のインド人たちで熱気が!
しらふでよくここまで盛り上がれるな~

本当に貴重で楽しい体験ができました☆
  1. 2012/11/27(火) 14:43:44|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アシュラム生活スタート!


11月23日

待ちに待ったヨガ!!!
去年約1年間ジムのヨガ教室に通って以来好きになってしまったヨガ。
身についていないのは言うまでもないが・・・

今回はたった2週間だけれどちゃんとしたアシュラムに入ることに。
アシュラム内に寝泊まりし、朝昼晩ベジの食事も出される。

スケジュールは

5:00起床
5:30~6:30瞑想
6:45~7:45ヨガ
8:00朝食

12:00昼食

15:15レクチャー
16:00イブニングティー
16:45~18:00ヨガ
18:15~19:15瞑想
19:30夕食
DSC01338.jpg


規則正しい生活ができそうです。
yoga niketanアシュラム。とっても静かでのんびりしていて綺麗でいいところです
インドとは思えない・・・笑
DSC01340.jpg


びっくりしたのが生徒さんのほとんどが日本人!!
三分の二は日本人の女の人じゃないかな!?すごい!

新しい新居。トイレシャワー付きに奥に謎の部屋が一つ。
DSC01322.jpg

今日からここに住むんだあ。ワクワク
DSC01343.jpg

できるならインドの後もこの旅で毎日瞑想ヨガをしたいからここで完璧に覚えたい!
そしてあわよくば英語もこの2週間でスキルアップしたい!
スペイン語の勉強も始めたい!

などなど
ネパール、インドでの数々の素敵な出会いに感化され
とにかく猛烈に燃えてます!w

よっしゃあー!がんばるべ!




11月24日

早朝5時半からの瞑想。
鎌倉で一度座禅を組んで以来の瞑想。
これがまた・・・かなり手ごわいです
DSC01401.jpg


雑念しかない。本当に。笑
自分の心の声がうるさすぎてうんざりしてしまう・・・

「朝起きれて良かったー。明日もこの調子でいけるなあ。」
「いや無心無心!集中集中。呼吸を意識してー」
「それにしても昨日のご飯おいしかったなー。カレー飽きてたけどここのはおいしいなあ。」
「でもやっぱバラナシで食べたトマトパスタまた食べたいなーー」
「二週間後には痩せてるかなーww」

「ダメだダメだ!集中集中!呼吸を意識してー」
「・・・リシュケシュの次はハンピに行こうかなー。それとももう一週間ヨガか・・・etc」

の繰り返し。めっちゃ疲れる笑
悟りまでの道はまだまだ険しそうです。


次はヨガのレッスン!これまた楽しい反面、体が硬い自分にはハードでして笑
とにかく硬いw翌朝全身筋肉痛になったのは言うまでもない。
DSC01417.jpg


でもやっぱり体を動かすのはめちゃくちゃ楽しい!
旅をしていると、特に一人で違う町に移動する時は気を張るから
体が自然とこわばってガチガチになってしまう。
インドに来てからは特に!!!笑


のどかなこのリシュケシュの町でしばらく羽を伸ばせそうです。
  1. 2012/11/27(火) 14:21:50|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しき青きガンガー


11月22日~23日

夜になりアグラからスリーピングバスでハルドーワルヘ。
DSC01311.jpg

なっちゃん、くるみさんとはまた中東で会えるような気がする!w
縁がある人とは別れてもまた何度でも会える、それが旅の面白いところ♪
楽しみだー!


ベトナムぶりのスリーピングバス。インドのスリーピングバスはこんな感じでした!
DSC01314.jpg

クッションが敷かれた床にスライド式のドアもついてて結構快適!
旅で買った便利グッズ、ブランケット、ストールを敷いてでさらに優雅に!w
荷物が多少重くなっても快適に旅できるっていうのはなかなかいいもんですな
DSC01319.jpg


しかしさすがインド。重大な問題がひとつ。

バスがちょこちょこ止まるからなんだろう?と外をのぞくと
みんな草原でしゃがんだり立っていたり。・・・これはまさかのまさかよね?

そう、「トイレ」です。
公衆トイレ、休憩所によるなんてことはなく、その辺でするらしいのです。
マジかーーー・・・

女の人はバスに乗る際は
「とことん我慢をする」か「腹を決める」かって事ですね。。



翌朝7時、無事ハルドワールに到着。
バスの人は私以外全員インド人とネパール人。
「リシュケシュに行きたい」と言ったらバスに乗っていた10~15人くらいのインド人が
みんなしてどう行けばいいか話し合って考えてくれた笑

めちゃくちゃ親切。
リシュケシュ行きのバスを見つけてくれ、みんな手を振って見送ってくれたw
インド人やっぱり好きだなあ。。


バスに一時間ほど揺られようやく到着!
美しき青きガンガーが流れるというヨガの聖地「リシュケシュ」
DSC01327.jpg

バラナシで見たのと同じとは思えないほど綺麗に透き通ったガンガー
ここでなら沐浴してみたいなあ
DSC01329.jpg

そして歩いていても誰も話しかけてこない、しつこくない!!!
素敵!!!!www

これからこの町でしばらく過ごすんだ。
少しの不安と期待とドキドキと。魔女の宅急便のキキのような気分。笑
いいねいいね!楽しみだね~~~~~笑

  1. 2012/11/26(月) 14:04:51|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インドのモール

11月22日

昨日は大富豪で盛り上がり夜遅く帰ってきたので朝シャワー。
この時期になるとインドの朝は結構肌寒い

「hot showerでるよね?」
「ちょっと20分待っててくれ」と言われ宿のおじさんは何やらバケツを用意。
・・・まさか

電熱棒を突っ込みお湯を作ると。朝からヘビーだ・・・笑
DSC01308.jpg

リシュケシュまでは列車は諦め、インドで初のスリーピングバスとやらを予約!
出発は夜。それまで時間があるのでなっちゃん、くるみさんと共に映画館へ。

makさんに近くのショッピングモールを教えてもらい行くことに。
併設されてるマクドナルドで腹ごしらえ。この旅初のマック!!!
マハラジャバーガーじゃ!
IMG_2384.jpg

面白いことにこのインドではマクドナルドの地位は結構高い。
物価に比べマクドナルドのご飯は少し高め。お金持ちしか行かないらしい
一食普通に食べて50~100ルピー。マクドナルドのハンバーガーはドリンク付きで150ルピー前後。
ドナルドさんもどことなく誇らしげ
IMG_2386.jpg

おなかを満たしいざモール内へ!
綺麗で現代的な外見。お金持ちそうな人が入るモールの外では
物乞いの子供と警備員が何度も敷地内に入ろうとしたり追い出したりを繰り返してる。
複雑な気分だ。。


モールの中は・・・
IMG_2388.jpg

人少なっw
恐ろしいほどの活気のなさ。それに加え恐ろしいほどのお店の少なさ。
大丈夫?潰れるんじゃないかしら・・・?
IMG_2387.jpg


とりあえず映画館映画館♪料金はひとり180ルピー。
いや、これは高い・・・。ありえんくらい高い。
だってこの前バラナシで50ルピーで見たもん!

やめよやめよ。ということで結局宿に戻ることに笑


夕食はmakさんのofficeでなんとなんとデリバリーピザハットをごちそうに!!!!!wwww
まさかこのインドで高級ピザハットを食べれるとは・・・感動!笑
最高に幸せです
IMG_2393.jpg

食の力は偉大だと実感する毎日です。

  1. 2012/11/26(月) 13:51:40|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再会アグラ!!


11月21日

2度目のアグラ。まさか二度も来ることになるとは・・・笑
本日は前回アグラでお世話になったインド人makさんに会いに!
一度来た街だとやっぱり安心する。

駅であった韓国人・台湾人ツーリストとタージマハルの近くで朝食を食べているとなんと!
まさかの再会!www

バラナシ~ポカラ間、カトマンドゥで会ったなっちゃん、くるみさん達と
ポカラで同じゲストハウスだったさとみさん!!!!
今は恋人のしゅんさんと合流しカップルで旅をしているそうで☆素敵!

出会うもんですなぁ笑 心折れそうな時に再会、本当に嬉しいです♪



せっかくなので一緒に観光させてもらうことに。
今回はバスで一時間、宿から少し離れた世界遺産ファテープル・シークリーへ。
わずか14年で廃れてしまった幻の都ファテープル・シークリー。


まず驚いたのがその遺産の周りにある町。
恐ろしいほどのハエの数。ありえん、あくびしたら5・6匹は口に入るであろう。
こんな大量のハエ生まれて初めて見た。
多分日本の人口に匹敵するくらいいるんじゃないかしら
DSC01290.jpg


いよいよ世界遺産へ!!!
じゃーん
DSC01295.jpg


一同「ふーん。へぇー。」
私も心の声も「ラールキラーとかアグラ城と一緒じゃん。」と

これを言わば「旅ズレ」という。
長期旅行をすると次第に感動が薄れ、他の場所と比べてしまう。
「~の遺跡の方がよかったなあ」「~と似てるな」など。
偶然みんなほぼ一緒の時期に旅をスタートしたからこそ、なのかしらw


わーー!ドラゴンボールの天下一武道会見みたーーい!
DSC01297.jpg

必死でテンションを上げる
が、そんな作り物の感動はつづくはずもなく、「夕日見たいから帰ろっか」笑
その言葉を聞いた瞬間、一番うきうきしたのは言うまでもない。


遺跡を出るとたくさんの物売りの子供たち。
こいつらがまた、とんでもないガキんちょで・・・セクハラの嵐!!!笑
DSC01299.jpg

「俺、彼女いないぜ」

知らねぇよ!!!笑
走って逃げると今度はランニングセクハラ!!!!勘弁してーーー!泣
ロクな大人にならないぞーーーー(T_T)
もうダッシュでバス停をめざす・・・


アグラに戻ると祭りらしく町中が大音量の音楽で包まれる。
うるさすぎてレストランに入ってもいっさい会話ができない。迷惑すぎる笑 
夜も寝れないんだろうなあ・・・
DSC01307.jpg

そういえば前回アグラ来た時も祭りだったよなあ。。
インド、祭りやりすぎでしょ!!!!www


夜はmakさんのいるインターネットカフェで
宿のおじちゃんアリさんとなっちゃんと4人でお酒を飲みながら大富豪w
インド人VS日本人
そりゃあ、負けますよね・・・笑 日本のゲームなのに。。悔しい!!!笑

  1. 2012/11/24(土) 14:55:39|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「電車に乗り遅れる!!」の巻


11月20日

早朝5時、みんながまだ眠りについている頃ひっそりと宿を後にする。
外はまだ暗闇に包まれてる中メインロードをめざし路地を進んでいると行く手を阻む大きな物体が!?


牛!牛!牛!ww
IMG_2352.jpg


めっちゃ牛がいる。牛の寝どこだったのね。にしても怖いなぁ笑
駅には宿からリキシャを乗り継ぎ一時間半ほどで到着。
3時間近くも早く着いてしまったww
まあ早い分にはいいか!絵を描きながら気長に待ちます。
あっという間に列車の時間に。しかし電光板にはいっこうに表示されない。

あぁ!これが噂の遅延ってやつか!!!!
確かに前の電車5時間遅れとか書いてあるしなあ。


-1時間後-
・・・おかしい。いや、絶対おかしいよね?
急いで駅のカウンターに向かう。
「この電車、まだ着いてませんよね?どこにも表示されてなかったんですけど」

「もう発車したよ。電光掲示板に出てないけど」
「え?!?!?!?!?!?!」


えぇぇぇぇぇーーーーーー!!!!?
乗り過ごしたの!?3時間も前に着いたのに・・・乗り過ごしちゃったの!?!?!?!?
・・・どうやら本当に列車は行ってしまったらしい。

本当、心の底から自分のアホさに泣けてきた。。
またもやアグラに行けないの・・・?これは行くなってこと?もう・・・
しばらく駅で泣いていると←


となりの優しいお姉さんが涙を拭いてくれ
近くのおじさん組が声をかけてくれ、チケットの払い戻しと新しいチケットの購入手続きの何から何まで手伝ってくれた。
どうにか隣駅発車のチケットをゲット。しかも隣駅までわざわざバスで一緒に乗って案内してくれて。
インド人、本当に優しすぎます。
親切さにまたもや涙腺をやられぐずぐずになりながら感謝をし固い握手で別れを告げました。



チケットはもちろんWL。もはやしょうがないよね。
しかも「WL335」つまりキャンセル待ち335人・・・いやー、絶対乗れないっしょ。。

半分あきらめモードでウェイティングルームで時間をつぶす。
今日乗れなかったら夕食はまたトマトパスタ食べよーなんて呑気なことを考えながら笑

隣に座ってたインド人の子と話したときのこと
「WL335なんだよね。多分私は今日乗れない気がする。どう思う?」
なんて言っていたらその子のチケットはなんとWL460。なんか、ごめんなさい・・・笑



夕方6時過ぎ、列車の時刻になりウェイティングリストを見るがやはり席はない。
IMG_2362.jpg

やっぱりなぁ・・・。無理に決まってるよなぁ。。
一応乗れないかどうかまわりのインド人に聞きいて回る。

すると「come come!」こっちの車両に乗りなさいと。
え?大丈夫なの?本当に大丈夫?I have no seatだけどいいの?
いいから乗りな!と。

あとで知ったのだけれどその車両は予約不要のセカンド車両だったらしい。

ぎゅうぎゅうの電車にも関わらずおじさんが自分の席を半分分けてくれて感謝。
なんていい人なんだ。。と言いたいところでしたが・・・

こいつがとんでもない奴でして・・・
ありえないくらいのセクハラ。夜行列車とあって気分は最悪ですよ。
何度も手を振り払い、やめてくれと。
あぁ、マジで帰りたい・・・心折れそうだ。。


深夜1時過ぎ、途中駅で停車しなんとか車両をチェンジ。
席はないもののスリーピング車両にもぐりこみベットをGET!
安心し一瞬で爆睡。明け方外人さんに起こされ朝6時無事アグラに到着!
IMG_2363.jpg


本当に長い長い一日でした。。
列車はもう当分乗りたくないです・・・うん。

  1. 2012/11/24(土) 14:03:33|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと成長したいの


11月19日

今日もまたマヘンドラさんの楽器屋さんでムダ話をし、一日が始まる。
ネパールのお祭りティファール以来、楽器に興味を持ってしまった。
DSC01270.jpg


やっぱり音楽ができるってすばらしいしうらやましい!
音楽は国を越えて繋がれるし、楽器さえあれば世界中どこだっていつだって奏でられる。
音楽ができたら旅も最高に楽しいだろうなあ


ティファールのお祭り以来、自分には何があるんだろうってずっと考えてた。
昔から職人さんとか物を作る人に憧れていて、自分で何かを生み出せる人になりたいと思ってた。
確かに今は服は作れるようになったけど、ミシンや裁縫道具がなきゃ何もできない。
旅に出たら何もできないのと一緒だよなあ。。


昨日出会ったあづさんは路上で文字を描いているアーティストさん。
お願いしたら素敵なことばを描いてくれました☆
IMG_2350.jpg

何かを表現してる人って本当に魅力的でキラキラしていて憧れてしまう。

別に自分探しのために旅に出た訳じゃなかったけど
最近になってこの旅で何かを始めたい、得たい、掴みたい、成長したい
そんな思いが日に日に強くなっていくのを感じる。


何ができる?何が好き?何がしたい?
あぁーーー考えてもわかんないよーー!笑
もどかしい。とにかくもどかしいの一言です。

そんなこともあって早くヨガの聖地リシュケシュに行って学びたいという気持ちも増すばかり。


専門に通ってた頃、2年前からずっとスランプになってた絵も
最近になってペンと紙を持ったらすらすら描けるようになって、楽しい。
何も考えずに描く絵だけど、描いた後に見ると旅で出会ったものが自分に影響を与えてるんだとわかる。
IMG_2369.jpg

また描き始めようと。



そして今晩はまたもやここインドではお祭りらしく、
毎日行われてるプジャーがいつもと違うから見に行きなさいと宿のおじさんのごり押し。

ということで本日も行ってきました、お祈りプジャー。
DSC01276.jpg


確かに今日は少し違う。なんでも女の人がメインのお祭りらしい
飾りつけ?捧げもの?が鮮やかで素敵
DSC01277.jpg


最後に盛大なプジャーが見れてよかったです。
  1. 2012/11/24(土) 13:56:17|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のらりくらりのバラナシ

11月18日

翌日さっそく列車を手配。
さすがに自力でやるのは厳しいなと痛感したのでゲストハウスに手配を頼む事に。
できるだけ早くアグラに向かいたい。

さすがに無理だろうなぁと思いながらも

私「今晩の列車のチケットって、無理ですかねぇ・・・?」
 「一番早くてday after tomorrow(明後日)だ。」
私「・・・えっ!?」
 「day after tomorrow.今はフェスティバルで列車が取れない」

マジ、かぁ・・・。フェスティバルのばか野郎ーーー!w
今回の旅、何度このフェスティバルに邪魔をされたか。。
またこれからどれだけ邪魔をされるのか・・・想像したらうんざりした


とりあえず明後日のチケットを予約。
これはもうしょうがない、バラナシ好きだしゆっくりしよう♪←
ということでこれからまたのらりくらりのバラナシライフが始まるのであった。
IMG_1999.jpg


バラナシはなんだかんだ今まで行った中で一番好きな都市かもしれない!
ガンガーの眺めも最高だし、おいしいごはんもたくさんあるし
面白い日本人・インド人との出会い多き都市である。


腹ごしらえにいつものJYOTIカフェでトマトスパゲッティ!
ここのトマトスパゲッティは個人的に結構おすすめです
昨日の昼から大したもの食べてなかったので美味しいご飯を食べれて幸せな気分で店を出る。

声をかけられ斜め前の楽器屋さんで日本人とインド人とおしゃべり。
インドはこっちから求めなくてもどんどん面白いものが向こうからやってくるw
だから魅力的なのかもしれない!

そのまま怪しい香水屋さんに連れてかれチャイだけごちそうになり帰る笑
話し方がエロい胸毛のすごいインド人笑
DSC01259.jpg


その後はバラナシで有名なラッシー屋さん、ブルーラッシーへ。
道はわからないけど歩いてみればたどり着く、それがバラナシの醍醐味で。
なぜかというと98%の確率でインド人が声をかけ案内してくれるからである。

日本語ペラペラのラジュ君に案内してもらい、さらにおごってくれましたw優しい!
今回二度目のブルーラッシー!やっぱり最高においしい♪
将来カフェのメニューに入れたいですな
IMG_2031.jpg



夜はゲストハウスが一緒のあづさんコンビとワタルさんとプジャー鑑賞。
からの夕食!

インド来てカレーばっかり食べるのかなと思ってたけど
正直日本食ばっかり食べてる毎日です笑
アジア離れたらこれから食べれないもんね!今日はオクラ丼www
IMG_2343.jpg


オクラ丼を食べながら明日はまたトマトスパゲッティを食べようなんて考えてる。
最近になって「食」のことを考えるのが一日の6・7割を占めてるこの頃で笑
あかん。。


夜宿に帰ってくるとドミトリーで韓国人のタエ、日本人のヒロシさん、ヨシヒサさんがEnglish Lesson中。
混ぜてもらい一緒に勉強。ヒロシさんが本当に熱心でめっちゃノートにメモって勉強。
その姿に感化されてしまい、魂に火がつく!!!!!!笑

この旅で正直英語喋るのあきらめてたけど、そんなこと言ってちゃだめだ。
もっともっと勉強しないと、今日から始めよう!今から始めよう!!!!!
よっしゃーーー!!!ww

  1. 2012/11/22(木) 13:32:52|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地獄の国境越え ~セカンドミッション~


「Nextミッション:ゴーラクプール行きの乗り合いバスを探せ」

※今回のミッションのつづきの流れ -------------

インド側で乗り合いバスを探し、ゴーラクプル駅へ行く
  ↓
自力でその日の列車のチケット(アグラ行き)をゲット!
  ↓
列車に乗り14~17時間後アグラ到着!ミッション終了!!!

-----------------------------------------------

ということで国境にてゴーラクプル駅行きの乗り合いバスを探す。
そこら中にあるので楽勝!
ジープに十何人ぎゅうぎゅう詰めに押し込められ車は発車。
助手席だったのでまだラッキー!にしても助手席、運転席に4人て笑
車に揺られること2・3時間。ゴーラクプル駅に到着。

運転手が金を払え払えと言ってくる。
え??私さっき払いましたよ?「I already pay!」を連呼。
いや、もらってない。払え。こいつの荷物は降ろすな。
確かにこのお兄さんには払ってないけどさ、だからって2度も払いませんよ絶対に。


昨日からあんなスペシャルシートに乗せられたあげく、睡眠不足で疲れ果てた私に未払い疑惑。
これはもう怒り爆発ですよ。
結局少し涙がほほを伝った末、荷物をぶん取り怒りにまかせ歩き出す羽目に・・・
もうインドなんて、インドなんて・・・!!!!

一緒の車だったネパーリーが心配して声をかけてくれ、駅やATMの場所を案内してくれた。
あぁ。ネパーリー、感謝です。。


テンションどん底の中Nextミッション。
「アグラ行きのチケットをGETせよ!」

すでに結構嫌な予感はしていましたが、予想は的中。
あっちの窓口へ行け。こっちの窓口へ行け。
たらいまわしにされ、最終的には駅から離れたチケットオフィスに行けと。
最初っからそう言って!!!!ww


重い荷物を背負い歩くこと10分、チケットオフィスに到着。
またまた嫌な予感は的中!!!

めっちゃ混んでるーーーーーーー!!!!!!!!!!!
IMG_2263.jpg

しかも表記はすべてヒンドゥー語。あぁ・・・もう。。


なんとかツーリストチケットカウンターまで辿り着き並ぶこと数十分。
やっと自分の番が回ってきたら
「アグラ行きのチケットはない、お前は遅い。はい、次の人」


ちょちょちょちょちょ!!!!!!
いやいやいやいやいや!!!おかしいでしょ!おっさん!!
一言で片づけんなや!!今日チケット取れなかったらやばいっしょ!!!
てか今まで並んでた時間なんなのさ?いい加減にしてよ!!!!

サイドカウンターで猛抗議!意味わからん!さすがに怒りますよ!
気の毒に思ったサイドカウンターのおじさんが再びチャンスをくれ、
もう一度チケットカウンターの最前列に並ぶ。
「ないならいい。もうバラナシ行きでいいから、ランクも少し高くてもいいから」


やっとこさもらえたチケットは「WL4チケット」
WL4とはウェイティングチケット。
キャンセルが4人出れば乗れるというチケット。
そう、言わばキャンセル待ちチケットである・・・。マジかぁ・・・。
既に時計の針はお昼を告げようとしていた。


今日乗れなかったらどうしよう・・・
まあ心配してもしょうがないので、とりあえず・・・
最悪の場合どうしようかを考えながらひたすら待ちましました。


WLチケットの人は
駅のホームにウェイティングリストというものが張り出されるので、それで自分が乗れるかどうかを確認するらしい。

が、それもいっこうに張り出されない・・・
ウェイティングリストを探しインド人に聞きまくっていると一人の親切なインド人に遭遇!!

彼の英語レベルは私とほぼ同じくらい、つまりほとんど話せません笑
が、英語ができない同士は逆になんとなく分かり合えるのである。
ウェイティングルームを教えてもらい、チャイをご馳走になり電車が車でおしゃべり。
IMG_2267.jpg



結局ウェイティングリストは張り出されないまま電車が来てしまった・・・
不安そうなわたしの横で彼は「大丈夫、席はあるはずだよ」と
一緒に電車の中まで来てくれ、スタッフに確認してくれた。
ウェイティングリストはスタッフの手に。どうやら私の席はあったらしい!
ぬあーーーーーー!!神様ーーーーー!!(泣)
(※困ったときの神頼みが利きました)


表現できる限りのジェスチャーで感謝をし別れを告げる。
本当に今回の旅はインド人に助けられてばかりの旅です。感謝。


列車に乗れた時、すでに時計の針は16時をさしていた。
エアコン付の清潔なシート。みんなお金持ちなのかなあ。
IMG_2264.jpg


車窓からの景色は次第に闇に包まれ今日も一日が終わっていく。
バラナシに着いたのは21時過ぎ。見慣れた景色が心を落ち着かせてくれる。

やっと帰ってこれた(;_;)その一言に尽きます。
二週間ぶりのゲストハウスに戻るとオーナのおじさんもスタッフのムナも覚えていてくれて
暖かく迎え入れてくれた。
「とっても疲れたでしょ。ゆっくり寝なさい。」
あたたかい言葉はこんなにも心を癒してくれるんだなあ・・・


ダンニャワード(ありがとう)

  1. 2012/11/22(木) 03:39:03|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地獄の国境越え ~ファーストミッション~

この旅で最も辛かった今回の移動を少しずつ振り返ってみます・・・

インド、ネパール共にお祭りということで代理店やらオフィスがcloseだと!
そのため国境までのバスは取れたものの、インドの列車のチケットが取れず。。
どこのツアー会社に行っても「国境近くの駅に行って自力で取れ」との一言。

いいじゃない。やってやろうじゃない!
困難が人を成長させるって言うものね。
一度自力でできたなら、これからの旅がもっと楽になる。
辛いことは早いうちに経験しようじゃない!おぅおぅww


-----------------------------------------------
今回のミッションはまず

カトマンドゥから夜行バスに乗り早朝ネパール側の国境到着。
  ↓
自力で国境越え。
  ↓
インド側で乗り合いバスを探し、ゴーラクプル駅へ行く
  ↓
自力でその日の列車のチケット(アグラ行き)をゲット!
  ↓
列車に乗り14~17時間後アグラ到着!ミッション終了!!!

-----------------------------------------------

という流れである。これを一人でこなせたら、きっと私、強くなれるはず!!w
できるできる!絶対できる!


と言い聞かせ、夜のバスターミナルへ向かうのであった。
暗闇のバスターミナルでバスを見つけ夜7時過ぎ、静かに国境へと走り出した。
ほとんどが地元のネパーリー&インド人。ツーリストは私含めおそらく2人。。


そして席はまさかの窓側スペシャルシート。
そう、壊れてたんです窓・・・
新鮮な極寒の空気が一晩中上半身を吹き抜けていく。凍りつく・・・
隣のネパーリーも眠そうに辛そうに「This is problem」と呟いている
ただ心の底から同感ですと頷くことしかできない。


さらに道は悪路で夜中の2時3時でも構わずジャンプしまくる
ジャンプによるお尻の衝撃で何度も目を覚ましては寝てを繰り返す。
辛い・・・



日の出前。まだ辺りは暗い頃、バスは「そろそろ国境ですよ」という空気を漂わせる。
私の心の中はもちろん
「バスよ、どうか止まらないでおくれ。日が出るまでは。。」

そんな覇気のない願いも虚しく、国境近くに着いたのは夜明け前の朝5時すぎ。
降りるのかあ・・・ここで降りるのよね?あぁ、ひとり。。
IMG_2055.jpg


普段はケチの私もここばかりは「お金は惜しみません、安全をください。」
と心で唱え、惜しみなくリキシャに払いました。
ええい、もってけドロボーwww

値切りもせずさっさとリキシャを捕まえ国境へ。
一寸先も見えぬほどの霧と暗闇の中を力なく走り抜けていく。
めっちゃ怖いwww


ツーリストはほとんどいない。
「あってるの?ねぇ?大丈夫?本当に本当に大丈夫おじちゃん?」
「めっちゃ寒い、いやめちゃめちゃ寒いし怖いし、あぁ早く帰りたい笑」


とにかく思いつく限りの日本語で独り言を言いまくる。
リキシャのおじさんはさぞ鬱陶しかっただろうに

すみません、でも怖いんですもん笑



国境に着きイミグレーションでの手続きは意外とスムーズに完了!よっしゃ!
歩いて国境を越えインドへ!日も上がってだいぶ辺りは明るくなってきた!

ただいまインドさーーーん!!
IMG_2262.jpg


「Nextミッション:ゴーラクプール行きの乗り合いバスを探せ」

  1. 2012/11/21(水) 14:44:16|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨウヤク観光シマシタ!最終日


みなさん
薄々お気づきの方もいるでしょうか?

そうです、そうなんです。
カトマンドゥに来てからどこも行ってません

さらに言えば昼間は何もしてません。どうや!
えぇ・・・死んでました。。体調の悪さと寒さに耐えられず外に出れず・・・



ということで最終日にしてようやく観光行ってきました!
ネパール1ヶ月半という強者たけしさんについて行きボダナート、パシュパティナートへ。

普通だったら500ルピー、150ルピーかかるところを裏道を教えてもらいタダで観光です!すごい!


バスを乗り継ぎまずはチベット仏教の巡礼地ボダナート。
でかいです。
DSC01241.jpg

このストゥーパ(仏塔)を右回りに一周することで一回お参りしたことになるという。
マニ車も一回回すとそれで一回お経を読んだことになる、便利なものですなあ。
DSC01237.jpg

鮮やかさと大きさに圧倒されます
(※全身緑で恥ずかしいww)
DSC01244.jpg


次はパシュパティナートというネパールの火葬場へ。
建物がどことなくベトナムのフエ・ホイアンに似ていて東南アジアが恋しくなってしまいました。
DSC01254.jpg

DSC01251.jpg


彼らは修行僧サドゥ。写真を撮るとお金を請求されるというので
遠くからバレナイヨウニこっそり撮ってみました
DSC01253.jpg
が、さすが奴らもプロです。
手前の奴はちゃっかり顔を隠しすかさずお金を請求してきました。

sorry!sorry!はははーーと笑ってごまかして退散ですwやりおる。


2つの観光名所を堪能し帰宅。ものすごい達成感!わたくし、満足です。
充実して1日が終わりました。


と言いたいところですが・・・ここからが地獄の始まりでした。
夜行バスでの恐怖の国境越え、次回へつづく!!!!!笑

  1. 2012/11/20(火) 02:36:17|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

荒稼ぎ!!!シマズバンド!w


本日もカトマンドゥの町はお祭り騒ぎ!!!
って言ってもお店はいつもより閉まってるんだけどね。

夜が本番なのよ!本日も美しいイルミネーション!
DSC01185.jpg

DSC01223.jpg


このティファールという祭りはハロウィンのように子供たちが家々を周って
歌やダンスを披露しおこづかいをもらうという行事らしい。
みんなおめかししてます♪
DSC01220.jpg


今日は同じ宿の大先輩しまさんを筆頭にネパールのちびっ子たちと
シマズバンドを組ませていただき荒稼ぎwww

楽器が堪能なしまさん、音楽一家に育ったげんさん、そしてプロカメラマンのたけしさん。
音楽センス皆無の私は最終手段のけん玉で参戦。
うっしゃ!やったるで!
IMG_7696.jpg


まあ・・・結局手拍子と踊り狂うぐらいしかできなかったのですが笑
たぶん1000ルピーくらいは稼いだんじゃないかしら!?
報酬はちびっ子たちからビール2本をいただきみんなで宿で乾杯!
IMG_7734.jpg


その後ポカラで一緒だったかずきさん、めいさんたちと合流し晩御飯。
と思いきや

またまたダンス!!!wwwwうはーー!楽しーーーー!!!笑
IMG_2253.jpg


踊り狂った1日に。笑
この旅でダンススキルをを身につけようと決心した夜でした!!!
ソーラン節なら踊れるヨ!笑

  1. 2012/11/18(日) 20:27:06|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

街が彩るティファール祭


11月12日

体調はまだまだno goodで・・・本当、弱るとホームシックになりますなあ。。
お昼どき、新しい宿チェリーゲストハウスに移り少し休憩。

弱ってる時は日本人がいる宿の方が安心しますww
スタッフの人も日本語話せるので安心。薬を買ってきて今日も昼から寝ます。笑


なんとネパールは今日から三日間ティファールという大きなお祭り!
そう、あの一人暮らしの味方、万能電気ポット。


違うか


休んで少し元気になったらさっそく町散策へ!
花飾りや色とりどりの粉が市場では売られており町は鮮やかに賑わってます。
最初は何でこんなたくさん粉売ってるんだろうと思ったけど、夜になったら理由がわかりました!
IMG_2189.jpg

IMG_2181.jpg

お店も飾りつけしてます♪
IMG_2237.jpg


町中がお祭りモードで見ているだけで楽しい!
夜はさらに綺麗で町中がイルミネーションで輝いてました♪
DSC01197.jpg

これは神様を家の中に呼び込むものらしい。
あの粉はこのためのものだったのね!
DSC01177.jpg

街の至る所に綺麗な模様がw
DSC01212.jpg

本当にいい時期に来れましたw ネパール!!!!
  1. 2012/11/18(日) 19:56:47|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

首都カトマンドゥへ!


11月10日

風邪はまだまだ良くならず。。引き続き休養です。
宿のオーナーAshokさんもおばちゃんもすごく親切で
体調が悪いからとスープにご飯をサービスしてくれたりチャイをくれたりと。
優しい・・・泣

今日中に治して明日にはカトマンドゥに行こう!
3人部屋だった部屋も今は1人になり少しさみしい。。
とりあえず寝て食べて寝て食べて寝る。笑

気づけばネパールも早6日目・・・。



11月11日

体調は昨日よりずっといい!よしよし!
お世話になったペンギンゲストハウスに別れを告げ朝7時、バスターミナルへ。
最後にAshokさんとおばちゃんと一緒に写真撮れなかったのが心残り。。


IMG_2162.jpg
バスは日本人1人。やっぱりどこに行っても欧米人ばっかだよなあー
いくつかの山道を越え7・8時間で首都カトマンドゥへ。

カトマンドゥの第一印象・・・「汚っ!!!!」笑


あれ・・・インド?インドなのここ?
ゴミ散乱してるし、空気汚いし、クラクションうるさいし・・・

あの崇高なネパールのイメージがああ・・・
ポカラーーー、ポカラに戻りたーい笑

が、そんなことも言ってられないのでおとなしく宿を探す。笑
にしても体調がまだまだよくない・・・。やばいなぁ・・・。
とりあえず今日は中心地タメル地区にある適当な宿に泊まりました。

IMG_2165.jpg

綺麗な部屋だけどさすがに5階はしんどいです;
しかも停電で真っ暗。これはどこの宿もそうらしいんだけどねw
明日はもっといい宿を探しに行こうっと

  1. 2012/11/16(金) 18:34:12|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

のんびりポカラライフ


11月8日

寒さに負けどうやら風邪をこじらせたようです。。
あぁーー・・・こんな気持ちのいい場所なのに

症状はそんなに酷くないので散歩がてらお昼のドーナツと筆記用具を手に湖へ。
のんびり手紙を書く。平和だ~


夕食は宿に泊まってる男の子が誕生日ということでみんなで鍋パーティー♪
食器や調理器具を借り、食材を買ってきてもらいみんなで調理!キャンプみたい!

停電のためろうそくの明かりで
DSC01125.jpg

ビールを交わしみんなで食べる温かい野菜スープ(だったのかな?)はすごくおいしかった♪
DSC01129.jpg

ショウ君誕生日本当におめでとう!(20歳!!若いww)
お返しに切手付きのポストカードをもらいました!素敵!!!!




11月9日

パーティーの翌日の朝は辛い・・・と思っていたけど意外にすんなり。
早朝4時半!シャキーーーンと目覚めました。

服を着込んでいざ山へ!宿の人5人でタクシーをシェアしてサンライズを見に!
車の窓から外を見ると地元の人が結構山道を登っている。朝からすごい。。
タクシーのおじちゃんいわくエクササイズらしい!

頂上に着くと早くも人だかり!それもネパール人ばっか!地元の人も見に来るんだなぁ
DSC01139.jpg

温かいミルクティーを飲みながら日の出を待つ。
IMG_2113.jpg


綺麗な丸い光が徐々に現れて空を染めていく。こんな綺麗な日の出久しぶりに見れた!!!
日本で見る太陽と違って本当に真っ赤な色をしてる。不思議
DSC01153.jpg


太陽が上がりきって空が明るくなった頃、後ろにある雪山もくっきり見えてものすごく綺麗。
トレッキング行ったらもっともっとすごいんだろうなあ。。
待ってろヒマラヤ!
IMG_2138.jpg

いつか登るかなあ・・・?笑

その後は宿に戻り、一日休養。。とりあえずスープを食べて薬を買って安静に寝ました。

  1. 2012/11/14(水) 17:22:18|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買い物天国inポカラ

11月7日

ポカラの朝は最高に爽やか
かなり涼しいけど空気が澄んでいて気持ちいい
朝食を食べ気合いを入れていざ買い物へ!

トレッキングが多いためポカラにはたくさんのアウトドア用品のお店が立ち並ぶ。
アウトドア用品フェチの私にとってはもう、それこそ天国です。
震える手を静め、冷静に冷静に、買い物をする♪♪←
DSC01108.jpg

ネパーリーはインド人と違って物腰が柔らかだしそんなにガツガツしてないから
あんまり値切りすぎるのも申し訳なくなってしまう。

可愛い雑貨屋さんなんかもあったり
DSC01111.jpg


ネパールの登山用品は偽物だけどクオリティーはよく値段も安くて有名。
冬物をそろえるのもおすすめらしい!
どこのお店でも大体同じものが売ってるので一軒一軒回って値段交渉をして一番安かった店で買う事に。
これがめっちゃ時間かかるw結局買い物で丸一日使ってしまいました。
ネパールの服可愛い・・・
IMG_2161.jpg
こうやってバックパックがどんどん重くなっていくんですね・・・恐ろしい。


かずきさん、ヒロキ君と食堂で夕食を食べていると隣のテーブルのお兄ちゃんたちと煙草をきっかけに話すことに。
なんとそのお兄ちゃん達はサッカーU23バングラディッシュ代表の選手!!!!すごい!
(うーむ、23歳以下には見えないな・・・ボソッ)
一緒に写真を撮ってもらいました!やったね☆
IMG_2102.jpg

  1. 2012/11/11(日) 03:18:17|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

感無量です

11月6日 バス二日目

荷物を背負い外に出ての第一声
「なんじゃこりゃーーーーーーーーーー!!!!」

爽やか、爽やかすぎる!こんな清々しい空気何週間ぶりだろう
深呼吸ができる・・・あぁ、幸せ。。もうすでにネパールに満足です笑


朝靄の中バスは再び走りだしポカラを目指す。
IMG_2079.jpg

景色は田舎道から山道へとかわりアップダウンは激しさを増す。
現地の人も吐いてる人がいたり・・・

私はというと気持ち悪さは一切感じずバスからの景色にひたすら感動していた。
めっちゃ綺麗なんだもん。いや、めちゃめちゃ綺麗なのよ!!!!
壮大で穏やかで時々綺麗な雪山が見えたり、もう。感無量です。
attachment01.jpg

attachment00.jpg

バスは無事ポカラに到着し、宿探し。
今回はレイクサイドにあるペンギンゲストハウスに!ダブルの部屋を三人でシェア。
「待ってて。デラックスベットを持ってくるから」とおばちゃん
デラックスってやばいね!申し訳ないね。なんて話してたら


・・・布団やん。

おばちゃん「あはは」ってw
まあそういうもんですよね笑 有難い有難い。
その後夕食はバスで一緒だったメンバーで韓国料理屋さんへ!

奮発して焼肉にビール!!!おいしい、おいしすぎる。感無量です(パート2)
DSC01107.jpg

インドではビールも満足に飲めず肉をがっつり食べることもできなかったので尚更おいしく感じた!
もちっとした白米のクオリティーに心なしか涙が・・・。

旅に出てからご飯で感動することが多くなったなあwww
今日も幸せでした。。
  1. 2012/11/11(日) 02:19:28|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安息の地ネパールへ

11月5日

今日でこのインドともしばしお別れです。

深呼吸をする勇気すら出ないほどの臭さ、一日中けたたましく鳴り響くクラクション。
転んだら一巻の終わりという恐ろしい汚さ。
DSC01062.jpg

数メートル単位で話かれられるわ、ついてくるわ、下ネタや嘘ばっか言うわで
おかげで本当、悟りのドアに開くかと思いました。
でもそんなインドですが私は大好きです
IMG_2003.jpg


でもでも、今はしばしの休養を体が欲しているのも事実です。
もう限界です、綺麗な空気吸いたい!深呼吸したい!のんびりしたいよーーーーーwww

ということで次の国ネパールへ。出会った人みんながみんな口をそろえて最高だというネパール。
期待値はすでにMAXです。


朝食+1泊付のバスを予約し朝8時半出発!
ドライバーがやり手なのか車を抜かしまくりぶっ飛ばしてる。
途中前のバスを抜かそうとするが前のバスも譲らない。
並走し喧嘩を始める。そんな急がなくていいから安全運転しておくれ~;笑


国境には夜到着。夜の国境越えなんて新鮮!
手続きも簡単に済んでネパール側へ!
IMG_2054.jpg


結構景色違うもんなんだなあw 特にゴミがないところとか!
「ジャパーニーネパーリーyeah!」イミグレのおじちゃんも陽気ww
ネパール人は彫が浅くて結構日本人に似てて親しみが湧く!

宿は国境の町スノウリのゲストハウス。
水シャワーな上に汚いシーツ、虫がいっぱいで結構ヘビーな宿・・・
バスで一緒だったかずきさん、ヒロキ君、くるみさん、なっちゃんの5人部屋。

明日はいよいよポカラ!楽しみだー♪
  1. 2012/11/10(土) 16:02:51|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バラナシライフ

11月4日

BABAゲストハウスのドミトリー
朝はサルの足音、鳴き声で目覚めます。最高にさわやかです。
うそです


日の出前5時半、この時期レアな同い年のケンタ君一平君と共にガンガーの日の出を見に!
んーーおしい!!
若干のくもり空。それでも綺麗な朝日が見れました。よかった
IMG_2039.jpg


朝のガンガーはお祈りで大賑わい。朝6時とは思えない活気
DSC01047.jpg

川で泳いでるおじちゃんがいっぱいいてビビったwww
DSC01050.jpg


その後ガンガーから少し離れたところまで散歩。
メインガートから離れた場所は結構静かでのんびりできそう。
近くの店でヘナをしてもらい、日本語の英会話本までゲットw
DSC01054.jpg

IMG_2041.jpg

後で宿のおじちゃんに値段言ったら
「高すぎる!これは5ルピーだ。ちなみにその足にしてる指輪は1ルピーだな」
いやいやいや、マジかwwww


その後宿の3人と合流、噂の映画館へ!インド映画でなく「007」だったのがちょっと残念。
映画館内はめっちゃ綺麗。日本にいる錯覚を起こしてしまいそうだった。
IMG_2046.jpg

映画中あちらこちらで電話w
そして観点が違うのかシリアスな場面でみんな爆笑。
挙句の果てにラスト感動のシーン?は余韻に浸る間もなくあっさり退場www
エンディングも5秒で終わり。えぇーみんな飽きちゃったの?笑

うーんインド映画、もう一回見に来よーっとwww


宿に戻りれいこさん、けいすけさん、ともや君のお見送り。
毎日が出会いと別ればっかです。さみしい
IMG_2091.jpg

お見送りメンバーはまさかの全員21歳!こんなに集まるとは!
IMG_2093.jpg

それから夜のお祈りプジャーを見にメインガートへ。
毎日がお祭り騒ぎなんだなあ
DSC01069.jpg

傍らで物乞いの人もそれを見ながら静かにご飯を食べている。
毎日行われている光景。不思議な世界だ・・・
DSC01075.jpg


  1. 2012/11/08(木) 13:39:51|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本人いっぱい!

11月3日 バラナシ3日目

毎回見るたびに「神様ーーー」と叫びたくなる。。
ゴミをあさる神様こと聖なる牛たち
街中でも神様とは思えない扱われっぷり
DSC01026.jpg
食べた方がよっぽど幸せなんじゃないか・・・?

バラナシはとにかく汚い。いや、めっちゃ汚い。
安宿が集まるメイン通りベンガリートラという通りは通称ウンコロードw
多分10mに一個は聖なる牛の糞が落ちてるというヘビーなストリート。
下を見ないで歩いたら君も勇者になれるはず

裸足で歩くおばさんを見たときは計り知れない敬意を感じたのを覚えてる


3日目にしてようやくお目当ての宿「BABAゲストハウス」に移ることができた!!
久々に日本人と話せる!嬉しーーい!!!!ww
アーグラで一緒だったけいすけさんと再会し、日本人の方と5人で昼食へ!
それからインド式凧を買って船で対岸へ。


小学校ぶりの凧上げ。一個3ルピーの凧、これがもう、めっちゃ面白いwwww
IMG_2022.jpg

これがまたコツがいるらしくなかなか飛ばない。
やぶれてしまうので補修し改善しと真剣に試行錯誤笑
IMG_2015.jpg


近くにいたインディアンボーイズの力を借り何とか空へ
IMG_2017.jpg

IMG_2019.jpg


その後対岸に戻り火葬場へ

火の中に包まれた人間の姿が生々しくはっきり見える。ものすごい光景
言葉にならない感情。悲しいわけでもなくただ茫然と見つめる
IMG_2030.jpg
24時間フルで一日300人くらいの人たちを燃やしているらしい
聖なる川から生まれ聖なる川にかえる。偉大なことなんだろうなあ



夜はゲストハウスで飲み会!!ということでお酒調達!
そう、インドはお酒を気軽に買えないのが難点で。。
少し離れた酒屋までリキシャで行き、箱買いしたビールを隠しながら運ぶ。
「ポリスに見つかるから隠せ」と。そんなにダメなんだなあー

そのビールでBABAゲストハウスの屋上でその日出会った人たち大勢で
たき火を囲み宴会をw
DSC01035.jpg

あの時この道を歩いてたからとか  この宿に泊まったからとか  この人に出会ったからとか
いろんなタイミングが合わさって毎日ができてくんだなと思うと本当におもしろい!
出会いが重なって今日ができてく。今日も最高に幸せだー!!!www
IMG_2092.jpg

  1. 2012/11/08(木) 01:46:20|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インディアン・ヴィレッジ


バラナシ2日目 11月2日

朝のガンガー(ガンジス川)を眺める。
鍋を洗ってるすぐ横で体を洗ってるわ、沐浴してるわで。
少し離れた火葬場では遺体も流してるんだもんなあ・・・
DSC01048.jpg

なんだかもう、インドという国は何でもアリなんだなとしみじみ実感。


昨日お世話になったインド人ムケスと再会し、朝ご飯とチャイをご馳走になりメインガートを案内してもらう。
本当さまさまですなあ。


なんでもヒンドゥー教の考えは
死んだとき神様の所にお金は持っていけないから、いい行いをしてカルマというものを貯め、それで見てもらうらしい。
神様はいい行いも悪い行いもすべて見ているから、いいカルマを貯めて神様の所に行くことが大事なんだと!

このヒンドゥー教の聖地バラナシで観光客をだましてる奴は山ほどいるけど
その人たちはどれほどのバットカルマを貯めているのかと思うと恐ろしい・・・罰当たりじゃ


その後ムケスの友人ラジャン君に案内してもらい、ガンガーの対岸インディアンビレッジへ!!!
なんでも超ローカルな場所らしい!期待大です

船で渡り砂漠のような道をひたすら歩いていく。
DSC01006.jpg

対岸はビックリするほど静か!クラクションの音や人だかりもない、臭くもない、最高!笑
同じバラナシとは思えない景色。
牛がいて草原があって小さな家がぽつぽつと。のどかー
DSC01008.jpg


インド村のラジャン君の家でお昼をご馳走になる。
家族はみんなシャイみたいで隅っこでもじもじしてる。可愛らしい
DSC01009.jpg

それからバイクでマハラジャ博物館、ラッシー屋さんへ。外人いない!!
インド人らしからぬ口数少ないラジャン君、どうやら本当にいい人みたいです!w
DSC01020.jpg

騒がしい対岸にもどり最後はさわやかにバイバイ!

充実した一日だったなあ!
帰りは3km離れた宿まで徒歩で帰る。インドは道を歩いてるだけで楽しいからなあw

床屋さんも外で営業です
DSC01022.jpg

「1photo10ルピー」と言ってくる気さくなおじちゃん笑
あぁ、インドにどんどん日に日にハマってく・・・w

  1. 2012/11/08(木) 00:23:52|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バラナシ着


列車は思ったほど危なくなく無事やさしい朝を迎えた。
今の時期はかなり涼しくてパーカーにウィンドブレーカー靴下
朝一のチャイが体に染みわたる
IMG_1976.jpg

しばらくするとどこからか音楽が。
乗り合わせた旅人たちによる即興ライブ!素敵!
IMG_1979.jpg

さっそく人だかりw
日本だったら気になってもなかなか見に行く人はいないのに
インド人は好奇心の塊というか、子供がそのまま大人になったみたいな感じがするw

駅に着きアーグラ駅から一緒だった台湾人の人とリキシャをシェアして宿まで!
が、そう簡単には行かないのがインド・・・
ホテルを3・4件連れてかれ挙句の果てに逆切れ!いい加減にしてよー!
喧嘩する気満々だった私に対し、台湾人の人は温和にお金で解決しようと。。
そんなお金ないよーw

しかたなくお金を払い。笑
メインから遠く離れた宿に泊まることを余儀なくされた・・・
見たかったあのガンジス川の景色はいずこ?

でも安くて綺麗な宿だったのがまだ救いでしたw
無駄に噴水付の庭。でかい一人部屋。さみしい。。笑
IMG_1984.jpg

シャワーと洗濯を終え、街へと繰り出す。
メイン通りまで途中会ったインド人の子に案内され連れてってもらった。
もちろん彼のお店にも連れていかれましたが。。チャイだけご馳走になりさよなら笑


バラナシの町は本当に迷路!!!人が行き違うのもやっとの路地が複雑に交差している。
もうすぐ日が沈もうかという時間に。やばい!!
夜道をひとりであの宿まで帰るのはさすがに危ない。

迷ったーー!笑
やばいやばい。焦って路地を走っていると声が。
「どうしたのどうしたの?!なんでそんな焦ってるの?大丈夫だよ!落ち着いて」
日本語ぺらぺらのインド人の青年がそこに。彼の名前はムハス。
「こっち日本人いるからとりあえず中入って落ち着いて」と

中に入ると本当に日本人の女の子ふたりが!バラナシ来て初の日本人!よかったw
チャイをいただき、ムハスにメインバザールまで送ってもらうことに。
なんか、インド来てからインド人に助けてもらってばっかだなー。
本当、感謝です。

だけどまだまだいい人と悪い人の見わけはつかないから信用はできないのも事実・・・
  1. 2012/11/04(日) 13:22:14|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アグラフォート!


お昼チェックアウトを終え夜行列車までの暇つぶしがてらアーグラ城へ
外国人料金はもちろんのごとく高い。。んもーーww

DSC00972.jpg
綺麗に残ったお城。補修されたからだろうけど、整えられてとても綺麗。
DSC00960.jpg

インドで座ってスケッチすることは多分不可能に近い。
次から次に修学旅行生やインド人が「take a photo」握手。笑
のんびりしたいのに・・・

その後アーグラ城で会った日本人けいすけさん共にお昼を食べて再びネットカフェへ。
数年海外に住んでいたらしく英語がペラペラ!
makさんとけいすけさんの英会話を隣で必死でリスニング。
なんとか聞き取れるようになったけどマジで全然しゃべれない・・・
あぁー本当英語がんばらなきゃ。。


makさんにすすめられ夕日の穴場スポット?へ
タージマハルの横の田舎道を進み小さな村を抜け、高台の墓地らしきところへ。

おおー!!綺麗!!!
IMG_1968.jpg

が、それを落ち着いて眺めることは不可能だった。
そう、子供です。子供たちの遊び場だったのね

子供たち超元気!!!!!いや本当、超元気!!!!!笑
一瞬にしてエネルギーを使い果たした感じw

DSC00979.jpg
写真で撮るからよく見えるけど
ムービーだったら「マニーマニー」という言葉がもれなくプラスされます。


レストランの屋上でタージマハルを眺めながらチャイです。優雅。
というか暇・・・他にやることがないのです。笑

夕食は再びネットカフェで!入り浸ってます。
フライフィッシュとタンドリーチキンとビールをご馳走になりました!!

DSC00986.jpg
その他にもチャイやコーヒー。
アーグラでは本当、makさんに良くしてもらってばっかです。優しすぎる(;_;)


けいすけさん、makさんに別れを告げ
夜9時半、いよいよ初の夜行列車、憧れの深夜特急ってやつですかね!!!!ww
日本人にもインド人にもさんざん気をつけなさいと言われて正直不安しかない。。
どうなることやら・・・
  1. 2012/11/04(日) 13:06:22|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タージと考える日で


10月30日

アーグラ撃沈、翌日。
家族友達彼からの優しい言葉とマックさんのお見舞いとポカリの力で

完全復活!!!うしゃーー!6時半起床!寝起き良し!
朝ご飯は一昨日お世話になった宿の近くのインターネットカフェでチョーミンという塩焼きそばみたいなものをご馳走していただく。
本当、アーグラ来てから至れり尽くせりで(*_*)



その後はかの有名なタージマハル!
いよいよ来れましたよタージさん!!!宿からは徒歩2・3分の距離。激近です。

入場料は20ルピー(約30円)安い!
というのはインド人だけで・・・

外国人料金なんと750ルピー(1100円)
インド人37人分て、あなた。。悪意を感じるわ笑 ちなみに私の泊まってる宿3泊分よりも高い。。泣


出入り口にはちゃんと厳重そうに見える?チェックもあります。
DSC00915.jpg


タージマハルはムガル帝国五代皇帝シャージャハーンが愛妃のために22年の歳月を費やして建てたお墓。
霧がかって少し残念だったけれどそれでも綺麗!!
DSC00922.jpg

内部に刻まれた模様がすばらしい。
DSC00924.jpg

馬にロバ、ラクダ、牛、リキシャに人。ゴミとチリが散乱する外の街並みとは対照的すぎる景色。
DSC00943.jpg


一人歩いていると次から次に take a picture の連続。外人が珍しいそうで。
最初は有名人になったみたいで気分がいいんだけど5・6回過ぎたあたりからはさすがに疲れてくる(*_*)
帰り際修学旅行生のひとりと撮っていたら近くにいた先生が満面の笑みで
「全員集合ー」と呼びかけ(たぶん)

まさかの集合写真です!嬉しい!笑
DSC00957.jpg


タージマハルを堪能し、再びネットカフェへ。
最近の若者、恋愛、結婚、生活などインド人についてのあれこれを聞く!
こういうのがすごく面白い!笑
31アイスクリームに夕食までご馳走になって、またまた至れり尽くせりでw


インド人は親が決めた人と結婚しなければいけないし、結婚するまで相手の顔も見れない。
だから結婚するまではmany boyfriend、many girlfriendと遊びまくるそうでw
今の日本じゃ考えられない文化だよなあ。。

自分の一生を自分で決められる。
身分の差もなく学校も仕事も選べて好きな人と結婚できる。
この国から見たら夢物語みたい、すごく幸せなことだ。

カースト制度とか、結婚とか教科書で習って知ってはいたけど
実際にその国に来て、見て聞いて感じるのとでは全然違うや。
衝撃を受ける。心にずしっと。

その感覚は初めて体験するお葬式の感覚に似てる。
人間いつか死ぬって学校で習ったし、テレビやドラマで見てわかっていたつもりでも
実際に身近な人が亡くなってお葬式を体験した時に初めてなんとなく理解する。


こういう世界があるって知ってたけど(人間はいつか死ぬって知ってたけど)

本当に本当なんだ



そんな感覚。
毎日少しずつ少しずつ他の世界を知っていくほど
日本が素晴らしい国なんだって実感する。
インドに来てからは考えることばっかりです(*_*)
  1. 2012/11/02(金) 00:12:47|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。