スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

探検ベンメリア



ラピュタの題材となったジャングルに埋もれた遺跡ベンメリア。
市内からは遠いため車をチャーターすることに。

車はみんなで一台チャーターなので人数が多ければ多いほど安い!
ベンメリア行きは声をかけまくった甲斐あって?8人も集まりわいわい行くことに。

探偵やらソルジャーやら現場監督やら笑
年齢も出身も職業もそれぞれ違うメンバー
普通に生きてたら出会えない人と出会うために旅に出るんだ
だれかが言った言葉けど本当その通りだなあ。色んな生き方を知れるからものすごく勉強になる


車で走ること一時間半。

道を進むとナガーがお出迎え。すでに好奇心をそそる門構えです。
DSC00659.jpg


中に入ると

うわあああああーーーーーーーー!!!
ジャングル!!!!遺跡めっちゃ壊れてるーー!!!!
DSC00664.jpg

DSC00697.jpg

好奇心に火がつく!笑
探検なんて何年振りだろう。崩れた遺跡は森と苔と一体化して時が止まってしまったような空間。
こりゃあ宮崎駿さんも感化されるわけだ・・・
DSC00695.jpg


崩れすぎてもやは正規のルートがわかりません。
遺跡なのに柱や石積み、どこをよじ登ってもいいみたいです笑
DSC00670.jpg

これははしゃぎたくなりますw
DSC00682.jpg

忘れていた小さいころの感覚が蘇った感じだ。わくわくドキドキするw
DSC00675.jpg

DSC00702.jpg

ベンメリアの周辺には未だに地雷が埋まっているところもあるらしい。
数年前まではまさに見学通路上に地雷があったと。


その後、地雷博物館へ。
ここはアキーラーというカンボジア人が個人的に処理した地雷や不発弾を展示している。
ポルポト時代両親を虐殺され、自身は少年兵としてポルポト軍に。
必死で地雷を埋める日々。しかし自らが埋めた地雷で傷ついた人たちの存在を知り、償いの思いと個人的に地雷処理を始め今に至るそう。
歳はまだ30代という若さ。
DSC00714.jpg

DSC00711.jpg

DSC00715.jpg

考えることは多かったです。ベンメリアを案内してくれたおばさんも片足が義足だったし
町には子供がたくさんいるけど、おじいさんおばあさんはまだ見たことがない。
まだまだ戦争の傷跡はそこら中に残ってる場所なんだ。
DSC00716.jpg

今もまだ何万と残っている地雷
DSC00718.jpg

フィリピンに行った時もそうだったけど、自分はなんて世界を知らな過ぎるんだろうと痛感する。
裕福な日本に生まれたから知らなくても普通に生きていける世の中だけど、みんながみんなそうだったら世界のゆがみは少しも消えないだろうな
知ることで変わる何かもある。

それもリアルに知ることに意味があると思う。メディアを通して知る知識でなく自分の目で見て知ることに
世界の歴史や抱えてる問題を少しずつ自分の目で見て感じて知って考えていけたらいいな
スポンサーサイト
  1. 2012/10/24(水) 03:19:59|
  2. カンボジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<朝日と遺跡と | ホーム | ハードな遺跡めぐり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://humortrip.blog.fc2.com/tb.php/38-c05cd67b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。