スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平和の家イブラヒムピースハウス

------------------------------------------------------------

そしてエルサレムにいる間お世話になっていた家「イブラヒムピースハウス」
ここは平和活動家のイブラヒムじいさんが寄付のみで運営しているお家。
DSC01634.jpg

朝昼晩三食ついて食材も使い放題。部屋が空いてなくてもソファや何かしらで必ず泊めてくれる
本当に普通のお家みたいなところ
DSC01631.jpg


今ではパスポートなしで世界中を飛び回っている偉大なイブラヒムじいさん。
毎朝ご飯を作りに来てくれる。とてもとても優しくて寛大で可愛いおじいちゃんです。
口癖は「Welcome eat!」10分に一回は言ってる笑
DSC01669.jpg


節約のためお昼のサンドイッチを作って行きます
ヨーロッパに入るにつれてこれからどんどん自炊が増えそうです
DSC01673.jpg


ちなみにお部屋はこんなかんじ。小さなベットが二つとダブルベッドひとつ。
DSC01743.jpg

廊下にはソファーがいくつかあってそこで寝泊まりしてる旅人も
なんだかすごい空間です笑
DSC01742.jpg


詳しいことは分かりませんが、旅人を宿としてではなく無条件に受け入れるこのイブラヒムじいさんの行為が
政府からいいようには思われていないようで、毎月1500ドルの罰金を徴収されているようです。


それでも寄付だけで旅人を受け入れ続けてくれるイブラヒムじいさん。
本当に偉大で寛大な人です。。

スポンサーサイト
  1. 2012/12/18(火) 23:49:36|
  2. イスラエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ゴーストタウン・ヘブロン | ホーム | 憧れの地エルサレム>>

コメント

イブラヒムさんの危機

ブログ、楽しく読ませて頂きました、ありがとうございます^^

わたしは中東関係の話題が好きないち読者ですが、初めまして。
昨日ネットサーフィンしてたところ、イブラヒムさんについて色々なブログを見つけて読んでいました。

その時に初めて知ったのですが、彼は今とても大変な状況にいるようです。
裁判での判決で、毎月1300シェケルをこの先6年間払わないと家が取り壊しになり、イブラヒムさんが投獄されるということです。(ソース:http://www.gofundme.com/ryoao

イブラヒムさんももう70あたりのご高齢で、この先後何十年行きられるかもわかりません。どうにか残りの人生、彼の楽しみを奪わないようにできないかと思います。

3ヶ月ほど前、海外のイブラヒムファン達がこのサイトを立ち上げました。ここのペイパルから、イブラヒムさんに募金できます。ペイパルはアメリカでは主流の安全な決済方法です。もし可能でしたら、ウェブサイトから募金をお願いします。少しでも、助けになると思います。どうかよろしくお願いします!!!

http://peaceforibrahim.tumblr.com/
  1. 2013/03/07(木) 16:43:54 |
  2. URL |
  3. けい #-
  4. [ 編集 ]

Re: イブラヒムさんの危機

>けいさん
コメントありがとうございます。
賠償金については私もヨルダンの情報ノートで知りました。
彼や彼の家に住む人達にお世話になった分、何か恩返しをしたいと思っていました。
このようなサイトがあったのですね。貴重な情報ありがとうございます。
  1. 2013/03/09(土) 06:13:44 |
  2. URL |
  3. はる #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://humortrip.blog.fc2.com/tb.php/84-7d6fd04c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。